ページトップへ

土木部門 | 高野組 注文住宅 鳥取 倉吉市 米子市 境港市

土木部門

事業案内

INDEX 住宅部門 土木部門 建築部門

土木部門

土木部門

 
多くの人が使うものだから、安全かつ確実に

創業時から高野組がその技術と情熱を注いできた土木部門。高野組への信用はこの土木工事によって培われたと言っても過言ではありません。

道路工事・公園工事・インターチェンジ・河川工事・橋梁下部工事・・・。

公共性の高いものだけに、土木工事の現場は豊富な知識と経験、そして大胆かつ細心な管理の腕が求められます。高野組の土木部門は確かな技術で実績を重ね、優良工事者として何度も表彰されています。

優良工事者として表彰

 

土木施工実績

works

橋梁下部工事

橋梁下部工事

インターチェンジ

インターチェンジ

公園工事

公園工事

河川工事

河川工事

函渠工事

函渠工事

高速道路

高速道路

道路工事

道路工事

 


代表取締役社長 高力 久美

社員の人間性には絶対の自信があります

代表取締役社長 高力 久美

代表取締役社長 高力 久美

若い世代には「イシンホームの高野組さんね」と言っていただき、熟年世代からは「土木・建築の高野組さん」と言っていただける。いずれにしても地元のみなさんによく知って頂いていることは、とても幸せなことです。

祖父の代から、「とにかく地元を大事に。企業は地元の人に愛されなくてはいかん」というのがモットーで、おかげさまで「あの会社は絶対に信用を裏切らない」 という、有難い評価を頂戴するまでになりました。

 

3世代目となる私達が、このかけがえのない財産を受け継ぎ、さらに育んでいかなくてはならないと、心に 誓っています。

土木建築の世界では、コンプライアンスの遵守が必須となります。それを守るのに一番大切なのは人柄だと、私は思っています。要するに悪いことができない人間であること。そういう人間さえ集めれば、その会社は必然的にきちんとした仕事をするということです。

そして、我田引水ながら、いい人柄の人間がいることにかけては、高野組はどこにも負けないと、私は自負しているのです。その誇りを守り続けるためにも、これからも気を抜かず、精進し続けたいと思っています。

 

 


取締役常務 野間田 勝男

地図の上に自分達の仕事が残る。こんな仕事はなかなかないです

取締役常務 野間田 勝男

一度に10余りの現場が動いているので、その状況を把握し、ロスがないように管理するのが私の仕事です。小さい頃から父親(高野組 代表取締役会長・野間田節雄)に連れられて現場に行っていましたので、今でも現場が私のホームグラウンド。管理者よりもプレイヤーとして思う存分走り回りたい気持ちも、心の奥にはあります(笑)。

取締役常務 野間田 勝男

この仕事の魅力は、自分達の仕事が地図の上に残ること。山陰道にしたって、橋にしたって、「これ俺達がつくったんだ」とか、「この時は○歳だった」とか、地図を見て思い出すことができるでしょう?よく考えたら、すごい仕事だなって思いますよ。

ベテランと若手のバランスがいまはとてもいい状態。いまのうちに若手はしっかりとベテランの技術を吸収して、次代の高野組を担っていかなくては。私はその先頭に立たねばならない立場。みんなの思いを一つにできるよう、頑張りたいと思います。

土木・建築部門