インタビュー

 

高野組では近年女性の技術者が増えてきました。
入社前は不安も沢山あった彼女たちですが、徐々に馴染んできています。
そんな入社3年目の彼女に色々と聞いてみました。

 

Q.建築に興味をもったきっかけは?

A.高校生の頃、女性が現場監督をしている番組を見て、その姿がかっこよくて憧れました。

 

Q.実際にこの業界に入ってみてどうですか?

A. 思っていたことと違うこともありますけど、想像以上に責任がある仕事だと感じます。

 

Q.今後の展望や目標はありますか?

A.施工管理技士や建築士の資格を取得し、はやく一人で現場をもたせてもらえるようになりたいと思います。

 

Q.満足、やりがいを感じる瞬間は?

A.自分の作成した図面が形になっていくことにやりがいを感じます。

 

Q.普段どんな業務をしていますか?

A.施工図面の作成や現場の確認などに携わっています。

 

Q.入社当初から成長したと感じる点や、得たスキルは?

A.元々人見知りな性格ですけど、様々な年齢の業者の方が出入りするので、コミュニケーションの幅が広がりました。

 

Q.入社の動機、決め手は何でしたか?

A.大学の先生の勧めもありますが、自分のやりたいことができる職種だと思ったからです。

 

Q.高野組の自慢できるところは?

A.人間関係がとてもよく、楽しい方がたくさんおられます!!(アイスやジュースの差入れも…)

 

Q.仕事に関して工夫していることはありますか?

A.人とのコミュニケーションをとることです。仕事をしていてとても大切だと感じます。

 

Q.職場の雰囲気はどうですか?

A.大変な仕事も多いですが、人間関係もとてもよく、日々楽しく仕事をしています。

 

Q.仕事中、または社員として心がけていることは?

A.何度もいいますが、コミュニケーションをとても大事にしています。対人関係を密にすることで作業がミスなくスムーズに進みます。

 

Q.仕事で大変なことは?

A.小さなミスでも大きなミスにつながることがあるので、何事も慎重に判断するようにしています。

 

Q.今までつらかったり、大変だったことは?

A.小さなミスが段々と大きくなってしまい、どうしようもなく泣いてしまったこともありました。
しかし、上司や先輩方がフォローしてくださり、1度も辞めたいと思ったことはありません。本当に心強い先輩方ばかりです。

 

Q.就活生へメッセージをお願いします。

A.学生生活でコミュニケーションなど基本をしっかりと学ぶことが大事だと思います。
プレッシャーを感じることもありますが、とてもやりがいのある仕事です!!
ぜひ一緒に物づくりの楽しさを味わいましょう!

 

ページトップへ