倉吉こんなスタッフがお待ちしております

倉吉店 スタッフ

倉吉店のスタッフは、人と話をするのが大好きな、気のいい人間揃い。
お客様が喜んでくださることを自分たちの励みに、誠心誠意頑張っています。

街で見かけたら、           
気軽に声をかけてくださいね!
倉吉店店長 秋吉 栄二住んでから値打ちの出る家づくり  
みなさん、こんにちは。倉吉展示場の店長・秋吉栄二です。私はかつて、全国展開している大手ハウスメーカーに勤めていました。その経験を踏まえて申し上げますが、高野組が建てているイシンホームの家は、建物の性能・装備がよく、しかもそれを低価格で提供するという点で、相当優れていると自負しています。
低価格と言っても、安さを売り物にしているのではありません。 あくまでも、性能・装備・設計のグレードに比して、価格がリーズナブルという意味。胸を張ってお薦めできる家です。どうぞモデルハウスでお確かめください。

私達は地域に根を下ろして家づくりをしています。スタッフも職人も地元の人間ばかり。ですから、やはり安全で快適で、長持ちする家に住んでいただくことが、一番の目標です。ただ売れればいいという気持ちは全くありません。むしろ「ここにだけはお金をかけてください」「こういうところに贅沢をするよりも、将来のために余裕を残しましょう」など、少々辛口のアドバイスをさせていただくかもしれません。なぜなら、家は建てた時よりも、住み始めてからが大切だから。

住んでみて「よかった」と心から思える家を、お客様が手に入れることができるよう、スタッフが一丸となってお手伝いいたします。どうぞ何でもご相談ください。
 
住んでから値打ちの出る家づくり 営業 原田 幸太人が好き。
  家を建てるということは、人生の中でも最大のプロジェクトの一つだと思います。だから、どんな家かというハードの部分も大切ですが、どんな人間が建てるかというソフトの部分はもっと大切だと思うんです。

家を建てることに対するお客様の思いを真正面から受け止めて、心から建ててよかったと思えるサービスを提供する。そういうことのできる人間が建てた家は、やはり性格のいい家になると思います。そうなるために自分の人間性をしっかりと磨いていかなくてはならないと思っています。ちょっと理屈っぽくなりましたが、要は人に喜んでもらえることが好きなんです(笑)。

着工してからはしょっちゅう現場に足を運ぶので、現場監督から「そんなに来なくても大丈夫だって」と言われてしまうのですが、もし自分の家だったら何度も行ってしまいますよね。お客様が何か不安に思っていないか、とかも気になりますし。お引渡しの時に、お客様がすごく感動してくださるのが私の生きがい。その瞬間にすべての苦労は跡形もなく吹き飛んでしまいますね。
設計 山枡 智子オンリーワンの家づくりのために 人が好き。
快適な住まいをつくるためには、家事動線や特性を考えた収納場所の確保、ライフスタイルにあった間取りがとても重要です。図面上ではイメージしにくい、そういった部分を、モデルハウスや建築中の実際の建物で、シミュレーションしていただき、更に使い勝手が良くなるようなご提案をしたり、構造面でチェックしたりするのが、私の仕事です。

最近のお客様は、家のことに関してとても勉強熱心で、こちらが驚かされることも多々ありますが、私はそのことを、とても良いことだと思っています。だって、住宅会社のいいなりで建ててしまっては、家に対する愛着も半減してしまいますもんね。 『こうしたい』というお客様の強い気持ちがあってこそ、個性のあるオンリーワンの素敵なお家が出来上がります。だから、「こんなことを言ってはダメかな」などと遠慮なさらずに、どうぞ、わがままをどんどんおっしゃってください!お客様のご要望に沿うよう、熱意を持ってご提案し、一緒になって家造りをさせていただきます。

家造りは一生のうちで、そう何度もできるものではありません。お客様には、大満足の家造りをしていただきたい。その為に私たちがいるんだ、と思っています。
オンリーワンの家づくりのために 工務 高橋 修一下地次第で変わる家の出来ばえ
  住宅の現場管理の仕事に就いて約15年になります。200棟くらいの家を建ててきました。この仕事で大切なことですか?そうですねえ、やはり職人達の気持ちを理解しながらまとめていくことが一番大切ではないでしょうか。上から目線で「やれ」と言うだけでは、職人の前向きな気持ちを引き出すことはできないですね。

現場の管理はもちろん、お客様との内装の仕様決めや照明などのコーディネート、建てた後のメンテナンスまで、一人で担当します。担当者が一人である方が、プロセスを全部わかっているわけだからロスがないし、言った言わないのトラブルを防ぐこともできて好都合なんです。

後々まで気持ちよく住んでいただくためには、下地、つまり隠れるところをきちんと処理しておくこと。ここでものすごく差がつきます。うちの現場では隠れる前に、お客様にぜひ下地を見ておいてほしいと思うほどきれいですよ。それだけは胸を張って自慢できます。あとは家に私のギターを聴かせること?ははは、冗談ですよ。本気にして、書かないで下さいね(笑)
  下地次第で変わる家の出来ばえ

体験する

住宅部門|倉吉展示場

ページトップへ